読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覆面マンガ家ですが質問ある?

漫画家・今木商事の公式ブログ|マンガ、電子書籍などについてコメントします

たたりじゃ~でおなじみの「八つ墓村」電子書籍買いました!

f:id:manga-imaking:20170303204043j:plain

こんにちは今木商事(イマキショウジ@imakisyoji)です。

この前電子書籍で「八つ墓村」買いました!

 

八つ墓村」を買った理由

先日竜ヶ岩洞というところに奥さんと行きました。ここは浜松市にある有名な鍾乳洞なのだそうです。この前アド街ック天国でも紹介されていましたね。 

f:id:manga-imaking:20170303191550j:plain

 

f:id:manga-imaking:20170303202258j:plain

竜ヶ岩洞

この鍾乳洞を見て、そういえば鍾乳洞が出てくる話といえば「八つ墓村」だなと思い出したからです。ちょうどセールで安く買えました。 

 ところで最近「八つ墓村」と「犬神家の一族」を混同されてる方がいらっしゃるようですね。同じ金田一耕助ものなので無理もない話です。

一口でいうと「たたりじゃ~」が「八つ墓村」で足がニョキッと逆立ちしてるのが「犬神家」です。

八つ墓村のあらすじ

簡単にストーリーをご紹介しておきましょう。

神戸に住む青年寺田辰弥は天涯孤独の身の上だったが、ある日自分が八つ墓村の名家である田治見家の跡取りであると聞かされる。

とまどいつつも八つ墓村に赴いた辰弥だったが、彼のまわりで次々とむごたらしい殺人事件が起こる。

これは村に祀られている八つ墓大明神のたたりなのか?

名探偵金田一耕助の推理が冴える!…といったお話です。

八つ墓村の内容

全体におどろおどろしい味つけがされているのでコワイ話のように見えますが、推理小説なのであくまで現実的なストーリーですね。

ただ多くの金田一ものと違って、大半が主人公である辰弥から見た物語で構成されているので、推理を楽しむというよりは、危機また危機にさらされる辰弥の冒険小説的な側面が強いかもしれません。

冒頭でいったとおり後半は鍾乳洞の中を巡っていろいろあるのですが、ここはとてもハラハラする場面ですね。

昔中学生のころ読んだことあるのですがほとんど忘れていたため、初めて読むように楽しめました。

プロモーションコーナー

最近またまたよく読まれています! 

無双神機ライガスト1巻

無双神機ライガスト1巻

 

 

無双神機ライガスト2巻

無双神機ライガスト2巻